【 コノノチチ's Favorite 】



top>>

今度は喜助!

木ノ葉丸の皮疹は、抗生物質の服用ですっかり良くなり一安心と思いきや今度は喜助が大変なことに!

土曜には柏の葉公園DRで元気に走っていた喜助、日曜日もいつものやんちゃな喜助が、月曜の朝散歩に出ようとしても布団から出てこない、抱っこして外に連れて行くと右後ろ足を地面に付けようとしないのです。

脚を怪我した?脚の関節や指をチェックすると、何だか肉球の辺りを触ると痛がります。

そうこうしてる内に、右足が腫れてきました。

仕事を休み、直ぐに病院に連れて行きます、少し遠いけどコノを診て貰った病院の方が安心できるので喜助を車に乗せ病院へ



平然と車に乗ってますが、脚が痛くて動くことが出来ない喜助。

病院に着く頃には脚がパンパンに腫れてました。

診察の結果、骨には異常は無い、腫れているのは指先を中心に真ん中二本の指、その付け根に水疱が二つ診られる。

原因はわからないが、指を舐めて、爪の生え際から菌が入ったか、散歩中に何かが刺さり、中の方に入ってしまったかが考えられるそうです。

何かが刺さったとしても、極小さい物で、外から取れる物ではないので、膿んで傷口が開き外に排出されるのを待つしか無いとのこと。

抗生物質を貰い、また木曜日に再診することに成りました。
 

脚が腫れて痛々しい喜助。

普段は木ノ葉丸みたいに抱っこされるより、遊びたくて走り回って居る喜助が、昨日はずっと抱っこされて寝てました。

いつもやんちゃな喜助が大人しいと心配しちゃいます。

↓クリックしてね
ブログ検索




【2008/06/17 10:39】 日記 | TRACKBACK(4) | COMMENT(10)
top>>

木ノ葉丸のその後

木ノ葉丸の皮疹ですが、たいふ良くなってます。

初めは左半身のみの皮疹でしたが、だんだんと全身に広がってきました。

近くの獣医さんでは、なんの検査も無く抗生物質とホルモン剤が処方されましたが、皮疹は悪化して行く一方。

以前住んで居たところの近くの獣医さん(今でもリンダさんの関節を見て貰ってます)に改めて日曜日に連れて行きました。

血液検査の結果、炎症を示す白血球の数が多くなっている他は何も異常なところは見つかりません、抗生物質の飲み薬と軟膏を処方され様子を見ることに。

これで良くならなければ、副腎の検査も必要になる可能性も、また、ホルモン異常が原因の可能性もあり、その場合は去勢手術に成る可能性も説明を受けました。

診察を受けて、何だかとても大人しい木ノ葉丸


右側は結構綺麗なんですが、左側は…



皮疹でブツブツ、何カ所か皮膚のサンプルも取られてます。

そして、付き添いの喜助、診察中は隅っこで大人しくしていたのに


コノの診察が終わったら、外に出たくて出たくてジッとしてられません。

コノに付き合って、喜助が家でジッとしていられる訳もなく、病院から帰ったら喜助のみ柏の葉公園ドックランに連れて行くことに。

ランに着いたら早速遊び相手を見つける喜助。
  

さすがに走り回ると暑いのか、たまに地べたにベッタリと横になったりしてます。

 

ミニピンの竜くんは喜助にとても興味津々、でも、喜助にとっては走り回るのにはちょっと物足りない様子です。

そのうちにサフィーパパとサフィーちゃんを発見!
 

いつもは木ノ葉丸と喜助のダブル攻撃に閉口しているサフィーちゃんですが、喜助1人なら軽くあしらってます。

そして初めましての9ヶ月のシールのイタグレ、その名もシールくん


シールくんのお姉ちゃんが、シールとは『アザラシ』の意味で、ほらこうするとアザラシみたいでしょうと、耳を押さえた顔を見せて教えてくれました。

沢山遊んだ喜助は、その後二日間疲れが取れないのか大人しくしていました。

そして木ノ葉丸ですが、抗生物質が効いたのか、ここまで快復してとても元気です。


皮疹の有った所は毛が抜けてますが、皮膚はとても綺麗に成ってます。

↓クリックしてね
ブログ検索




【2008/06/06 22:51】 日記 | TRACKBACK(4) | COMMENT(8)
top>>